電動ドリル買取

日曜大工にも使われる電動ドリル。業務用から一般家庭まで、幅広く使われています。一般、法人問わず電動ドリルを高価買取させていただきます。この電動工具は男性だけではなく、女性の方にも需要ある工具になっています。様々な層に需要のあるこの電動ドリル。使わなくなった物があれば買取致しますので、査定に出してみませんか。この工具は国内外問わず、あらゆるメーカーの物を査定させていただきます。新品同然のドリル、中古でも構いません。売却したお金で新たな電動工具を購入するのも一つです。この電動ドリルは数年サイクルで新製品が発売されますので、お手持ちのドリルが新しいうちに売却することをおすすめします。新製品の段階で査定に出すと、高額になる可能性が高いのです。発売されてから日が浅い物を高価買取させていただきます。
高値での買取を実現するには少しコツがありますので、査定に出す前に確認してみましょう。査定の段階で「状態が良好」と判断されれば、査定額もアップします。
まず、買取の相談をするときには「ドリルのメーカー・製品名・型式・購入年・どのくらい使用したか」等を正確に伝える事が大事です。新品であれば「メーカー、いつ頃の製品か、未開封か開封済みか」を伝えましょう。どんなメーカーの物でも査定は可能なのですが、人気の高い製品と、あまり人気が高くない製品があります。電動工具を専門にしているメーカーや、日本製の物は人気が高い傾向にありますので高価買取させていただきます。海外製だから人気が無いという訳ではありませんが、製造国によっては不良品や早く故障する物もありますので、お手持ちの電動ドリルの製造元を調べておくことをおすすめします。中には買取不可になる製品もあります。
次に製品を購入したときに付いていた付属品の確認をしましょう。大抵は取り扱い説明書、ドリルのケース、電池パックやバッテリー、充電器等です。メーカーによってはオプション品やアクセサリーがある場合は、それも同時に査定に出しましょう。例えば、ドリルガイド、ドリルチャック、ソケットアダプター等です。他にもアクセサリーもお持ちの場合はそれも査定に出してください。査定額アップが期待できます。出来れば付属品が全て揃っている状態が望ましいです。
外観のチェックもしっかりと行いましょう。本体部分に亀裂が入っていたり、ひびが入っていたり、変形等はありませんか?見た目の綺麗さも査定に大きく関わってきますので、注意しましょう。変形や各部分の痛みが激しいと、買取りが出来ない場合もあります。汚れが目立つときは、清掃も忘れずに。
他にはドリルチャック、グリップ部分の磨耗、ノブやレバーの緩み、部品の取り外しがスムーズに出来るかどうかも確認しておきましょう。ここで当てはまる物が無ければ、問題はありません。
最も重要である動作確認ですが、これもしっかりと行ってください。スイッチを入れても動かない、引き金部分から指を離してもなかなか止まらない、作動中に異常音がする、振動の仕方が大きすぎる等の不具合に注意してください。また、これ以外にも気になる部分がある場合は、相談をしてみましょう。その際は、実物の状態をありのまま伝えてください。査定の申し込み時点で「状態良好」と聞いていたものの、実物を点検してみたら、劣化部分が多く使えない物だったというケースもあります。出来る限りの正確な製品情報を伝えましょう。
宅配査定で製品を送る際は、損傷・破損が無いようにしっかりと梱包をしてから送ってください。せっかくの美品でも輸送中に傷が付いてしまうと、査定額が下がってしまいます。そのような事にならないように、エアーパッキンやプチプチ等で製品を包みましょう。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ