発電機買取

発電機の需要は幅広く、建築現場で用いられる電気工具などを動かす電源として使われたり、夜間の工事などで灯りを照らす投光機用の電源として、災害時などで使われる非常時の緊急用の発電機、他にも工場や野外イベント、野外レジャーなどで幅広く活用されています。

インバーター発電機のように、家庭用の電化製品でも使えるようコンセントがついているタイプのものは、災害時などでも大変重宝され、人気が高く、買取価格も上昇しています。

個人で発電機を所有している方の中には、処分したいと思っている人は意外と多くいます。
耐用年数は長いとはいえ、段々使っていくうちに今までの性能が発揮されないことも増えてきます。
いざ捨てるとなってもどういう処分方法があるのかわからず、費用面でも多少不安が出てきます。
そういうのがきっかけで買取の依頼を出し、意外な高値で引き取ってもらえるケースは少なくありません。

処分したいという方もいれば、発電機が欲しいという人もいます。
中古の市場は、2012年秋以降から、建設機械の価格が高騰したことに伴って、国内業者ですら入手が難しい状況になっています。
そのため、買取価格も同じように上がっており、古くなったものを積極的に買い取る動きがここ数年見られています。

購入の際に注意が必要なのは、電気の周波数が50Hz使用のものか60Hz使用のものかという点です。
静岡の富士川より東側では50Hz、西側で60Hzの周波数となっており、50Hz専用の電化製品などがあります。それを考慮せずに使ってしまうと故障の原因にもなってしまうので注意が必要です。
そのため、ご使用になられる機器と合わせる必要が出てきます。従来のものでは50Hz使用、60Hz使用が別仕様になっています。インバーターでは、切替スイッチが備え付けられているため、50/60Hzを切り替える事ができますので、ご使用になられる地域を選ばず使用できるようになっています。

一般のリサイクルショップなどに持っていくと、断られたり、ちゃんとした鑑定をしてくれる鑑定士がおらず、二束三文の値がついてしまうことがあります。
また、処分するものがあまりにも大きく、時間がかかったり、なかなか処分に手間がかかることもあります。売りたい場合には、電動工具買取専門の電動工具買取.netにおまかせください。

発電機についても専門で扱っておりますし、宅配での買取も、査定から買取に至るまで全て無料で行っておりますので、是非一度、電動工具買取.netまでご連絡下さい。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ