溶接機買取

溶接機というと、工場や建築業界で使われているイメージですが、実は家庭用の物も販売されており、幅広い年齢層の方に使用されているのです。法人、個人問わず不要になった溶接機を高価買取させていただきます。新品も中古品の製品でも、まずは査定の申し込みからお願いします。新しい物を購入してから使用しなくなった製品、使わずにしまってある製品などがありましたら、売却を考えましょう。要らない溶接機を高価買取させていただきます。
この製品は需要がとても高く、どのような製品であっても必ず同じ溶接機が使われていますので、需要が途絶えることはありません。海外でも需要が高くなっていますので、型式が古い場合でもご相談ください。溶接機の種類は幅広く、このような製品があります。
「ガソリンエンジン、インバーターエレコン、ディーゼルエンジン、オールデジタル、半自動型」この他にもまだまだ酒類はありますので、買取りを希望している製品の型式やメーカー等を問い合わせてみてください。中には高価買取りの可能性が高い物もあります。中古品であってもメーカーや型式、製品状態が良好な物は高価買取させていただきます。
買取りを希望している企業様や個人様は、次の点を確認してから仮査定の申し込みをお願いします。「メーカー、型式、製品の状態、中古品であればいつ頃購入して、どのくらい使ったか、アワーメーターがついている機種は稼働時間、50Hzの西日本限定か、60Hzの東日本限定か、単相200Vか、三相200Vか、100Vか」等を正確に伝えてください。外観の状態や動作に異常は無いか等のチェックも重要です。塗装の剥げ、錆び、大きな傷、汚れがあると査定額が下がってしまいます。薬剤で落とせる錆や汚れは極力落としましょう。あまりにも傷や剥げがひどい場合でも査定時にしっかりと伝えてください。
次に溶接はしっかりと行えるかを確認しましょう。アーク溶接の機械である場合は、アークの発生は正常か、安定しているか、アークが飛んでいるかをチェックしてください。
他にも操作ボタンが動くか、調整がしっかりと反映されているか、電圧のメーター、周波数のメーターが正常に動いているか、冷却ファンはちゃんと回るかも確認してください。基盤の破損や焼けがある場合は故障品、ジャンク扱いになるので、注意してください。この製品はチェックポイントが多いので、全てを確認するのが大変ですが、出来る限り点検しましょう。
この他にも、付属品の確認も忘れずにチェックしましょう。取り扱い説明書やレギュレーター、ガス調整気、トーチやホース、チップ等です。予備のトーチやホースやメーカーオプション品がある場合も合わせて査定に出しましょう。高確率で査定額がアップします。
高価買取りのコツは使わなくなった時点で素早く査定に出すことです。新製品がどんどん発売されていますので、型式が新しいうちに売却する事が一番です。また、一台を売るのではなく、複数台をまとめて売るのもおすすめです。倉庫に何台も眠っている場合は、まとめ売りをしましょう。その際もクリーニング、動作チェック、付属品の確認をしてください。長く愛用するのも良いのですが、新製品の溶接機は使い勝手が更に良くなっています。購入したら、小まめに清掃、メンテナンスをして、いつでも売却に出せるようにしておくのがおすすめです。中には古い製品を売却したお金で、新たな製品を購入する際の資金にする方もいます。
その為にも、取り扱い説明書や保証書、各付属品の保管 はしっかりと行いましょう。本来であれば高額買取りが可能な物でも、付属品の抜けがあるだけで金額がガクッと下がってしまうケースもあるのです。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ