マキタ買取

電動工具のパイオニアメーカーのマキタ。
現在日本でのシェア40%、世界シェアでも20%を数える世界的なメーカーです。
大正時代に愛知県で産声を上げた牧田電機製作所は、日本で初めての電動カンナを製造するなど
常に時代の最先端をひた走ってきた会社です。

商品ラインナップも幅広く、インパクトレンチや、インパクトドリル、電動ドリルに、丸ノコ、グラインダー、チェーンソーから
高圧洗浄機、ブロワー等々マキタで揃わない工具は無いといわれるほどの品揃えです。
現在では、建築現場のみならず、家庭においてDIYや、園芸などにも使用されるなど、幅広い購買層から指示を受けています。
建築の現場では、工具ならマキタという熱烈なファンが多く、どこのメーカーの工具にすれば良いかと、プロの視点からの助言を求めると、大抵マキタが間違いないという話になります。

そんな大人気の電動工具ですが、数多く持っていればよいというものではありません。
常に最新の工具を世に送り出してきたメーカーならではの、モデルチェンジも多くあります。
そんな時に、古いモデルの工具を、買取に出すことで買い替えがスムーズに進みます。

建築に携わる人たちは、ついつい道具が増え過ぎてしまう傾向にあり、収納場所にも困りもの。
また、せっかく沢山の電動工具に囲まれていても、使わなければ宝の持ち腐れとなります。
ですので、気が付いた時に「高価買取させていただきます。」といった業者へ持ち込んで、現金に換えておくことをお勧めします。
現金であれば腐りませんが、電動工具は長い年月使わずにしまっておくと、それだけでバッテリーが劣化し、使用不能になることもあります。

マキタ製品の特長として、バッテリーのモデルチェンジが早く、バッテリー自体が高価ということがあります。
バッテリーを買い換えるのであれば、思い切って新しい工具に買い換えることも考えるべきですね。
いくら優秀なメーカーの、優秀な工具であっても、機械は機械です。
頻繁に使用する、時には手入れをするなどのメンテナンスが必要ですね。
しかし、沢山の工具に囲まれていると、さすがに今使用していない工具まで丁寧に手入れをするというのは難しいです。
それであれば、使用しないものを買取に出してしまえば、手入れをしていないという後ろめたさからも解放されるでしょう。

電動工具を買い取ってもらえる条件としては、使用できること、大きな損傷が無いこと、商品の品番などが確認できること等がありますので、なるべくなら綺麗なうちに買い取ってもらうと良いでしょう。
店頭で売却するのであれば、身分証明書などの書類が必要となりますので、事前に電話で必要な物を聞いておくとスムーズです。
「高価買取させていただきます。」といった業者では、店頭での買取のほかにも、宅配での買取なども行っている場合があります。

売りたいけど、買取業者が近くにないような場合には、送料無料で利用できるので大変便利なシステムですね。
小さな工具だけでなく、大きなものでも宅配業者が引き取りに来てくれるので、自分で持ち込むよりも気軽に利用できるメリットがあります。

高価で引き取ってもらうコツとしては、一つよりも、複数の工具をまとめて売りに出すこと、
工具を少しでも良い状態にしておくことが挙げられます。
「高価買取させていただきます。」といった業者に見てもらっての査定金額提示ということですので、
見た目も重要です。

少しでも迷っているのであれば、電話で簡単に一般的な査定金額を教えてもらうこともできますので、まずは電話をしてみましょう。
数件の業者に電話で聞いてみて、納得できそうな金額であれば、宅配買取などを利用すると、
手軽に使っていない工具が換金できて驚きます。

電動工具買取.netでも、マキタ製品の買取を行っております。現在、マキタ製品の買取強化中ですので、ご不要になりましたマキタ製品をお持ちの方は、是非一度、電動工具買取.netまでご連絡ください。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ